【簡易版】不貞行為の定義

キス・ハグしただけで、浮気の証拠と言えるの?不貞行為の定義を簡単にご紹介

結婚をしているパートナーに浮気をされた場合には、慰謝料を請求することができます。 つまりここで言う浮気とは不倫のことです。
そして、慰謝料を請求するために確実に必要になってくるのが不貞行為の証拠です。

それではそもそも不貞行為とは何かということになるのですが、単刀直入にいうと不貞行為とは貞操義務違反のことです。
貞操義務違反とは、肉体関係を持つということになります。
言い換えると、肉体関係がなければ貞操義務違反にはあたらない
しいては、肉体関係がなければ慰謝料請求することができないということになります。

つまり、タイトルにあるようなキスをしただけやハグをしただけでは不貞行為にはあたらないということになるわけです。
但し、キスやハグも浮気には該当します。
不貞行為がなく、慰謝料を請求することはできないからといって、浮気ではないとは言えないわけです。

それではどのような状況であれば不貞行為があったとされるのか。
例:ラブホテルに二人で入った場合。
この場合は、いくら当人同士が実際にホテルには入ったが何もしてないと主張したところで、ラブホテルに入って何もしていないというのは無理があります。
中で何が行われたのかは容易に想像がつくからです。
この場合は不貞行為があったと判断されます。

それでは不貞行為であれば風俗は該当するのか。
これは、不貞行為とみなされません。但し、風俗に行っていることが判明し、風俗に行くことを辞めるように懇願したが、そのあとも風俗に通い続けているという場合については、不貞行為ではなく婚姻を継続し難いということで離婚請求はできます。

また不貞行為として慰謝料を請求する場合には、夫婦の関係が破綻していないという条件が必要になってきます。
つまり、もともと夫婦が破綻状態(長期間別居しているなど)にあった場合には、肉体関係があったとしてもその行為自体を不貞行為として慰謝料請求することは困難になります。
不貞行為はあったが、その不貞行為が原因となって夫婦間が破綻したわけではなく、その不貞行為が行われる前から夫婦関係は破綻していたという解釈になるわけです。

このように不貞行為という言葉の意味だけを考えた場合には、単純に肉体関係を持つことと答えることはできるのですが、その不貞行為が行われたときの状況によっては慰謝料請求ができるかどうかは変わってくるわけです。

証拠集め

これら不貞の証拠を自分で集めようとし、誤って違法な手段・方法を用いた場合、証拠能力を失うことになります。
離婚相談に応じる弁護士も不貞の証拠取得までは引き受けてくれませんので、やはり調査力のある探偵社に相談・依頼したほうが良いと思います。

佐賀 探偵 浮気調査 オルカジャパン佐賀

佐賀県・福岡県久留米市で探偵をお探しなら、総合探偵社オルカジャパン佐賀にお任せください。

総合探偵社オルカジャパン佐賀は、総合探偵社として佐賀県・久留米市での地域密着型で運営しております。

地域に特化しているからこそ佐賀県や久留米市の地理や事情にどこよりも詳しいため、早期解決が可能です。

また、オルカジャパン佐賀では調査24時間365日対応しておりますので、急に不安になって探偵にお願いしたくなった場合でも、時間を問わずに迅速に対応いたします。※お問い合わせ時間は9:00~18:00になります。

浮気調査をはじめ、素行調査、行方調査、ストーカー調査、企業の信用調査など、あらゆることの調査が可能です。

見積りやご相談は無料ですから、お気軽にお問い合わせください。

調査対応エリア

九州全域及び山口県

即日対応エリア(出張面談無料)
佐賀市久留米市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市、吉野ヶ里町、基山町、上峰町、みやき町、玄海町、有田町、大町町、江北町、白石町、太良町

全国対応

提携探偵ネットワークで全国対応可
現地調査員が対応し密に連絡を取りながら、正確で迅速な調査をいたしますのでご安心ください。

次の記事

浮気調査の方法