不貞行為の証拠とは?

浮気調査や裁判で認められる不貞行為の証拠とされるものとは何か?

離婚協議の段階でも、不貞行為の証拠があれば慰謝料請求や親権問題など、さまざまな条件交渉を有利に進めることができます。 慰謝料の条件で協議がまとまらない場合、家庭裁判所に調停の申し立てをすることができ、調停では不貞行為の証拠があることとして有利な条件で調停を進めることができます。

調停での合意に至らない場合、裁判となりますが、離婚原因が不貞行為であることを立証できれば、パートナーや浮気相手に慰謝料請求ができます。

また、パートナーから一方的に離婚を切り出され、離婚したくない場合は調停や裁判で不貞行為の証拠を提示して離婚を阻止することができます。

有効な証拠とは

浮気相手とのメール・LINEのやりとりなどは、離婚調停や裁判では言い訳をされてしまい、なんとでも言い逃れされてしまいますので、不貞行為の証拠としての決定的証拠にはならない可能性が多い現状です。不貞行為の証拠と認められるものは、肉体関係(想定できる事実)が立証できる証拠です。

例えば「ラブホテルに入って滞在し、出てくる証拠」です。

その他、下記のようなものが不貞行為の証拠とされていますが、滞在時間や状況によって複数回の撮影が必要になります。

  • 車内での不貞行為
  • 宿泊旅行
  • 浮気相手の自宅に宿泊や複数回の出入り

不貞行為を立証する難しさ

不貞行為の慰謝料請求する場合は、パートナー(被告)と浮気相手との肉体関係(想定できる事実)の証拠を提示して被告の不貞行為を立証しなければなりません。
不貞行為の証拠がなく、パートナーに慰謝料請求したところで嘘を突き通されるだけです。そして証拠が不充分な場合、ただの憶測や推測と判断され、慰謝料請求が認められないケースがほとんどです。

さらに、パートナーの不貞行為を原因として慰謝料請求をする場合は、この不貞が婚姻の破綻原因であるとの因果関係も立証する必要があり、夫婦関係がすでに破綻している状態で、その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合に夫婦関係の破綻とこの性的関係との因果関係は認められないと判断されれば、不貞行為を理由に慰謝料請求はできません。

証拠を掴むには

探偵社の調査報告書

自らパートナーと浮気相手の肉体関係(想定できる事実)の証拠をつかむのは、難しいと思われます。

1回かぎりの不貞の証拠で認めたケースはあまりなく、認められるにはある程度継続的に肉体関係を立証できるものでなければなりません。
もし、不貞行為と認められなかった場合は、慰謝料の請求や財産分与の判定に差が出る可能性もあります。さらに、訴訟のために浮気相手の現住所や連絡先なども判明させる必要があります。

これら不貞の証拠を自分で集めようとし、誤って違法な手段・方法を用いた場合、証拠能力を失うことになります。
離婚相談に応じる弁護士も不貞の証拠取得までは引き受けてくれませんので、やはり調査力のある探偵社に相談・依頼したほうが良いと思います。

佐賀県・福岡県久留米市で探偵をお探しなら、総合探偵社オルカジャパン佐賀にお任せください。

総合探偵社オルカジャパン佐賀は、総合探偵社として佐賀県・久留米市での地域密着型で運営しております。

地域に特化しているからこそ佐賀県や久留米市の地理や事情にどこよりも詳しいため、早期解決が可能です。

また、オルカジャパン佐賀では調査24時間365日対応しておりますので、急に不安になって探偵にお願いしたくなった場合でも、時間を問わずに迅速に対応いたします。※お問い合わせ時間は9:00~18:00になります。

浮気調査をはじめ、素行調査、行方調査、ストーカー調査、企業の信用調査など、あらゆることの調査が可能です。

見積りやご相談は無料ですから、お気軽にお問い合わせください。

調査対応エリア

九州全域及び山口県

事務所を【福岡県久留米市】、営業所を【佐賀県佐賀市】に構え、九州全域及び山口県の調査を承っています。

即日対応エリア(出張面談無料)
佐賀市久留米市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市、吉野ヶ里町、基山町、上峰町、みやき町、玄海町、有田町、大町町、江北町、白石町、太良町

全国対応

提携探偵ネットワークで全国対応可
現地調査員が対応し密に連絡を取りながら、正確で迅速な調査をいたしますのでご安心ください。