コロナ期/社員の素行調査

全世界で猛威を振るっている新型コロナウィルス。その影響で倒産に追い込まれている会社も中にはあります。
こんな時こそ、全社員が一丸となってコロナウィルスの影響を乗り越えなければいけません。
しかし、大変な状況にも関わらず、勤務中に仕事をしているフリをしてサボっている社員の素行調査のご依頼が最近頻繁にあります。
確かに、そんな社員がいたら会社にとってはかなりのマイナスで、会社の信用問題に発展するかもしれません。
その社員に、最悪解雇処分をしたりするには、サボっている証拠(会社的不利益)を掴まなければなりません。
証拠もなく、不適切に注意してしまうと逆にパワハラで訴えられたりする場合もあるので厄介者です。

ソース画像を表示


社員の素行調査をすれば、その社員が勤務中、いつどこで誰と何をしていたかが判明して「証拠」を掴むことができます。
少しの休憩なら大目に見れるかもしれませんが、計画的な勤務放棄は野放しにしていいのでしょうか。
ある統計データで営業職の63%はサボりの経験があるとの結果が出ています。
サボりの形態も様々で

・美容院やネイルサロンに行った。
・立ち会いが必要な自宅工事と偽り、友人宅で休憩していた。
・直行直帰と言って彼氏/彼女とデートしたり、ホテルで1日過ごした。
・昨日飲みすぎて仕事に手がつかず、公園/車中で寝ていた。
・出張と嘘をついて私用で旅行に行った。
・パチンコ(ギャンブル)をしていた。

ソース画像を表示

等々、サボりの形態は様々あるようです。
ある程度の結果が出せていれば会社側としても許される場合もあるかもしれませんが、結果が出せていないのにサボるというのは論外です。
サボっていなければもっと結果が出せるかもしれません。このような方は、会社にとっての不利益ではないでしょうか?

「これはもしかして?」と気付いたとき、手遅れかもしれません。
場合によっては、刑事告訴・懲戒処分をを検討する必要性も出てきます。

今は証拠がないから、問い詰める事が出来ない。
裏切るはずがない!

そうしている間にも時間は、どんどん過ぎ現状よりも状態が悪化するおそれもあります。
真実を把握し、早期解決をする必要があるのではないでしょうか?


福岡県・佐賀県・熊本県・大分県の社員の素行調査のご依頼はご相談・お見積り完全無料の、総合探偵社オルカジャパン佐賀にお問い合わせください。

佐賀 探偵 調査