浮気の慰謝料の相場

まずお話ししたいのが、慰謝料には明確な基準がないという事です。

慰謝料の相場は、50万~300万といわれております。できるだけ高額な慰謝料をパートナー、浮気相手に請求したいところです。
慰謝料とは、浮気をしていたパートナー、その浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金になります。法律では、損害賠償請求として、不貞行為に及んでいた両方(パートナーと浮気相手)の当事者に慰謝料を請求することが認められています。しかしながら、慰謝料の金額には明確な基準はなく、状況次第で変わります。
どのように慰謝料が決まるかと言いますと、過去の裁判判例が主に参考にされ、金額にはバラつきがあり、浮気による損害が大きいほど、慰謝料は高額になります。


慰謝料の目安なのですが、
①離婚や別居に至らず、夫婦関係を維持する場合 50万円~100万円
➁浮気が原因で別居に至った場合 100万円~200万円
③浮気が原因で離婚に至った場合 200万円~300万円
※上記は、裁判に至った場合の慰謝料の目安です。多くの方は裁判まで行くことはなく、パートナーとの協議(示談)で、早期解決・精神的損害を考慮し、慰謝料金額が決まります。

【慰謝料増減のポイント】
慰謝料は、①~③による別居や離婚だけではなく、婚姻期間や不倫(浮気)内容、子供の有無や経済的事情によっても変わります。
a:婚姻期間
被害者の心情や離婚した場合の再スタートが困難になる理由から、婚姻期間が長いほど、慰謝料は高額になります。
b:不倫(浮気)内容
パートナーと浮気相手の年齢差が大きいほど、判断力、浮気の主導性に影響が出る事が多いと思われ、増額要素となります。
c:発覚前の生活状況
パートナーとの発覚前の生活が、円満だったか、冷戦状態であったかによって増減要素となります。円満であった場合、浮気相手が、家庭を崩壊させたと判断し、責任はかなり重く金額も増額します。
d:自分自身の落ち度
パートナーが浮気をするようになったきっかけ(性交渉の拒否など)が自分自身にある場合は、慰謝料は減額される事があります。
e:浮気相手の認識
浮気相手が、パートナーの事を既婚者だと知っていて浮気をしていた場合、悪質と判断され、慰謝料増額要素となります。
f:浮気の期間・頻度
浮気回数が1度の場合よりも、長期で繰り返されているほうが、慰謝料増額要素となります。
g:浮気の否認
浮気が明らかに認められる状況で、浮気相手が否認を続ける場合、被害者の心情を踏みにじる行為であると判断され、増額となるケースがあります。
h:約束違反
前に浮気を認めており、二度としない約束を交わしていたのにも関わらず、再び浮気をした場合、その行為は悪質であると判断され、増額要素となります。
i:精神的苦痛
浮気によって精神的損害が発生し、診断書がある場合、増額される可能性があります。
j:子供の有無
パートナーとの間に子供がいる場合、夫婦関係の影響は非常に大きく、精神的な損害も大きい事から増額要素となります。
k:収入・資産
パートナー、浮気相手の収入・資産が高い場合、高額となります。

a~Kの慰謝料増減のポイントは、ごく一部の一例です。様々な事情やケースを考慮して増減します。
慰謝料請求する場合、これらの事情を主張し、立証されるかどうかが増減に大きく関わってきます。ただ、主張だけでは説得力に欠けてしまう為、完全な証拠が必要になります。
証拠を自分で集めることは難しいことです。裁判や弁護士仲介での示談で必要とされる、どのような証拠を集めれば良いかわからないと思います。

浮気調査の金額等に不安もあるとは思いますが、ご相談は完全無料ですので、まずは実務経験と専門的知識を有する総合探偵社オルカジャパン佐賀にご相談下さい。