年に一度の立ち入り検査

2007年6月1日に探偵業界で法律が施行されました。
それは、「探偵業の業務適正化に関する法律」
略して、「探偵業法」と呼ばれています。

この法律では、探偵業を営む者は、営業所を管轄とする公安委員会(警察署)の届出が義務付けられています。

そして年に1度だけ、警察による立ち入り検査があります。
この立ち入り検査は、届出内容以外にも契約書類・従業員名簿・従業員の教育などに関してチェックされます。
同検査で、運営方法・書類の不備・違法業務などが発覚すると行政処分の対象となります。
今年も 「総合探偵社オルカジャパン佐賀」は全項目をクリアしていますのでご安心してご依頼ください。